shikahanbai › 2017年12月

むし歯の治療に伴う知覚過敏

2017年12月20日

多くは歯磨きが不十分であることが原因で虫歯になり、甘いものや酸性のものを食べた後に磨かず、歯が蝕(むしば)まれてしまうために起こります。虫歯になる原因として、(電気歯髄診断器)ミュータンス菌という細菌感染が指摘されているのをご存じですか? ミュータンス菌保菌者は虫歯リスクが高く、親から子へと感染することも懸念されています。


むし歯の治療をした後、その歯に知覚過敏が起きることも時としてあります。歯を削るという処置そのもので、歯の神経が痛みを感じやすくなってしまうことや、治療法によって、かみ合わせた時に痛みを感じるようになるということもあります。しばらく経過を見て知覚過敏がなくなる場合もありますが、再治療を行うことや、神経を取り除く治療が必要になることもあります。



初期の虫歯は、歯磨きや生活習慣の見直しで改善することもあります。フッ素塗布も有効な手段です。(歯科用ルーペ)しかし、進行した虫歯の場合、病巣を取り除(のぞ)くために削り、削った箇所には金属やセラミックなどの詰め物をし、穴を塞ぐ処置を行うことになります。歯髄神経まで虫歯が到達している場合、根管治療が必要です。患部を堤防のような壁で多い、細菌の混入を抑制するラバーダムなどで衛生環境を維持し、神経に近い歯の根元部分を丁寧に掃除していき、薬剤を塗ってから詰め物をします。  


Posted by shikahanbai at 16:41Comments(0)

歯の神経を抜かればならない症状

2017年12月11日

トップ 歯 歯の神経・・・抜くの?6つのデメリットと...
2017.09.01fav8
歯の神経・・・抜くの?6つのデメリットと最新技術&抜かない治療も歯の神経・・・抜くの?6つのデメリットと最新技術&抜かない治療も
進行した虫歯。神経を抜くって歯科医院で言われたけど、抜くのはどんな時?神経の役割、変色など抜いた時のデメリットや「歯が死ぬ」ということの意味、そしてセメントを使った
「歯の神経を抜く」ときってどんな症状?
歯の神経・・・抜くの?6つのデメリットと最新技術&抜かない治療も
歯の痛みを訴えて歯医者さんに行き、「神経を抜きましょう」と言われたことがある人も多いのではないでしょうか?(エアーモーター

歯の神経は、これから詳しく見ていきますが簡単に抜いていいものではありません。しかし、症状によっては神経を抜くしかない時も。

「抜髄」つまり神経を抜かざるを得ない症状は、このような6つが挙げられます。

常にズキズキ歯が痛い
虫歯が奥深くまで進行し歯の神経にまで届いた場合は、ズキズキと耐え難い痛みが現れます。放っておいても痛みが引くことはなく、継続的に強い痛みがありまた麻酔も効きにくいでしょう。

神経を抜かなければ痛みはおさまりません。


冷たいものや温かいものがしみる
知覚過敏でも冷たいものや温かいものがしみますが、その場合は一瞬です。対して、神経が侵されている状態だと、5秒以上しみる感覚が続きます。特に温かいものでもしみるようになったら注意が必要です。


噛むと激痛が走る(カボのコントラの買い替え
虫歯菌が神経全体を侵食していると、食事ができないほどの激しい痛みがあります。放置すると顎の骨に虫歯菌が入る可能性も。

根の先から膿が出ている
虫歯が神経に到達したまま放置してしまうと、歯の神経が死んでしまい、根の先から膿が出る場合があります。放置しておくと顎の骨にまで炎症が広がる恐れがあるので、きちんと神経を抜いて中を消毒する必要があります。

頬やリンパ腺まで腫れている
頬やリンパ腺まで腫れてしまうと、かなり悪化した状況だと考えた方が良いでしょう。炎症が神経部分だけでなく、すでに顎の骨にまで広がっている可能性があります。  


Posted by shikahanbai at 17:05Comments(0)