shikahanbai › 2018年05月

歯牙切削器具(エアータービン)の減菌について

2018年05月30日

皆さん、こんにちは

今回、歯牙切削器具(エアータービン)について、説明いたします

エアータービンは器具の先端に小さな風車が内蔵されており、この風車(タービン)にダイアモンドバーというダイアモンド粒子が付いた軸を着け、コンプレッサーから圧縮空気で30万~40万回転で回転させる器具です。

主に、虫歯等を削っていきます。



人の口腔に直接するもので、もし、使用完了した後、確実に減菌しないと、患者さんや医療従事者に感染症が写ってしまうというて大変な問題です。
たとえば、HIVなどあります。

細菌が減菌の不十分な器具などを介して、患者さんからほかの患者さんへ感染していまうのです。

従って、治療完了してから、歯科用タービン専用滅菌器で、減菌する必要です

小型オートクレーブ(滅菌器)で、滅菌終了までの時間14分と短いのが特徴です。高温高圧(2気圧135度)の飽和水蒸気で滅菌を行い、 この機械によって全ての細菌やウイルスを死滅させます。

また、減菌のほかに、タービンの使用寿命を伸びますように、注油も必要です。

注油機器は器具の最良の状態を維持する機械です。細かいゴミなどをこの機械により確実に洗浄します。




もし、もっと歯科 エアータービンに関する情報を了解したいなら、歯科販売.comへいらっしゃ
  


Posted by shikahanbai at 16:51Comments(0)

オートクレーブ滅菌について

2018年05月16日

皆さん、こんにちは!歯科販売.comの担当者、ちょうきんです。



最近、こういう質問を見ました。
「滅菌をするのに、オートクレーブを使用する時、121度と132度?と二つの温度がありますが、あれは、何故ですか」

今回、この質問を始め、オートクレーブ滅菌の温度について、説明いたします。

主に、

1、オートクレーブ減菌器の利用
1.1原理
1.2利用分野
1.3必要性
2、オートクレーブ減菌器の温度
2.1温度による時間
3、オートクレーブ減菌器の使用注意点
4、お勧めオートクレーブ減菌器


一、オートクレーブ減菌器の利用

1.1原理
オートクレーブ 原理とは、内部を飽和蒸気によって高温高圧にできる機器のことです。
これはオートクレーブ内の圧力を高温の蒸気で上げることによって、細菌や微生物の蛋白質を変性させ死滅させる滅菌法です。また、高圧蒸気滅菌は飽和蒸気を用いることで、その他の熱による滅菌(煮沸滅菌、乾熱滅菌)よりも低温?短時間で滅菌することができます。

1.2利用分野
オートクレーブ減菌器で、滅菌処理に要する時間、コストが比較的少なくてすみ、その適用範囲も広く、それに、ほかの減菌方法に比べて多くの器具?物品類?液状物質に適用可能です。例えば、鋼製手術器械、リネン類、ゴム手袋など高温?高湿に耐えうる物質の滅菌に病院、研究所、産業分野ほかで広く用いられています。

1.3必要性

医療器具や薬剤あるいは実験用の試薬などに対して、空中雑菌などのさまざまな微生物が混入し、院内感染や実験の失敗などのさまざまな問題につながることがあるでしょう。

例えば話題の院内感染ですね。歯科治療は 『歯を削る』 『歯を抜く』 『歯肉を切る』などの治療が多く、治療に使う器具?器械には必ず唾液や血液が付着します。それらの血液、削った歯質、水しぶきなどが飛散しやすいため、別の患者様や医療従事者がそれらに含まれた細菌やウィルスに感染してしまう可能性が少なくありません。

したがって滅菌処理は、患者さんへ安全な医療を提供する上でとても重要な行為だと思います。

二、オートクレーブ減菌器の温度

いよいよ、重点にきましたね(笑)

2.1温度による時間

オートクレーブ機器によって、オートクレーブ 時間歯121度のほかに132度?115度?126度などがあります。

また、この温度が低くなるにつれて滅菌時間も長くなります。

通例、次の条件で行います。
  134℃ 10分間
  126℃ 15分間
  121℃ 20分間
  115℃ 30分間

しかし、なぜ、このような設定ですか?

極めて、減菌対象材質次第ですね。例えば、ゴムやプラスチック類のような121度で滅菌するものを134℃で減菌すると、機材にダメージを与えるでしょう。



三、オートクレーブ減菌器の使用注意点

1、使用前に、オートクレーブ内の水の量が十分か確認します。

2、しっかりと蓋を固定してから使用します。それは滅菌したいものの隅々まで飽和蒸気が行き届かないと、有効な滅菌ができないんです。例えば、きっちり蓋をした空の容器、ぴったり重ねたスライドグラス、干からびた培地をオートクレーブバッグに入れて口を閉じたもの、などは十分滅菌できません。

3、設定温度を確かめます。温度が少し低いと、同じ水準の滅菌をするのにずっと長い時間が必要になります。

4、溶液や培地の量が多いと、必要な温度に達するのに長くかかるります。1リットルの溶液の場合、121 C で少なくとも 10 分ほど余分に時間が必要です。

5、滅菌終了後はオートクレーブの圧力と温度が十分下がってから蓋を開けます。



四、お勧めオートクレーブ減菌器



当サイトでは、品質いいオートクレーブを販売していますね。ここで、一番人気なのを勧めます。Sun? 高圧蒸気滅菌器オートクレーブ 23L-IIです。

1.開閉が簡単?確実なワンタッチドア方式です。滅菌温度を選択してキーを押すだけで、注水→滅菌→排水→乾燥と自動処理します。

2.滅菌温度/時間は任意設定が可能ですが、滅菌法の規定以下の温度/時間の組み合わせの場合は、マイコン制御でエラー音を出して運転を行わせない安心機能です。

3.マイクロコンピュータ制御の全自動運転式で、どなたが使っても完全な滅菌が保証されます。

4.耐久性と信頼性は抜群です。高品質の材料と部品を丈夫で入念に製作されています。

5.18L-IIの表示窓はオートクレーブ 23Lより大きいです。

6.高圧蒸気滅菌器オートクレーブ 23L-IIの圧力単位はbarからKpaに変更されます。

7.真空状態では、高圧蒸気滅菌器オートクレーブ 23Lは「-p」表示している、高圧蒸気滅菌器オートクレーブ 23L-IIは負圧が表示しています。

8.高圧蒸気滅菌器オートクレーブ 23L-IIの温度表示はもっと精確です。

9.エラーコードが増やし、機械具合の判断に役に立ちます。

もし、不明な点に関しましてはご遠慮なくお問い合わせくださいようお願い申し上げます。

弊社の機器はすべて出荷前に厳重に検査され、梱包されて出荷致しておりますが、お手元に届くまでの輸送中に取扱いの不注意から破損する場合があるかもしれませんので、到着次第十分にチェックをお願い致します。

万-、お届け致しました器具に異常がありましたら直ちに弊社にご連絡下さるようお願い致します。

購入>>>Sun? 高圧蒸気滅菌器オートクレーブ 23L-II

また、関連ブログ【「減菌機器」ケミクレーブとオートクレーブ、どちらがいい?】をご覧になれば、嬉しいです。


以上です。オートクレーブ 価格を了解したいなら、歯科販売.comへお問い合わせくださいませ

-----------------会社情報---------------

ショップ:歯科販売.com
本社所在地: Yuzhong District, Chongqing, China

担当者:ちょうきん
連絡先:Tel:0086-023-62535604
    メール:shikahanbai@outlook.com

事業内容:セルフホワイドニング照射機販売専門店、歯科医療用品、機器、材料代理

URL先:http://www.shikahanbai.com/  


Posted by shikahanbai at 15:21Comments(0)

【新入荷】Jinme®高速ハンドピースJ2-TUのご案内

2018年05月02日

皆さん、こんにちは!歯科販売.comの担当者です。

今回、弊社新入荷の製品「Jinme®高速ハンドピースJ2-TU」をご案内させていただきます。

プッシュボタン式で、取り付けがやすいです。

スタンダードドヘッドで、大部分の患者さんに適用します。


J2のヘッドサイズが9.1MMなので、口腔のどこにも届きやすく、治療部分の視野を広くて、治療の効率を向上させます。

それに、クリーンヘッドシステムがタービンヘッドを内蔵しているため、治療を中止したときに、ハンドピース内の血液、ウイルスなどによる圧力変化がハンドピースに入るのを防できます。

それと同時に、異物がベアリングに入れないで、ベアリングの使用寿命を伸ばされます。



キャリッジの上部に可動構造を採用しているので、上下のベアリングのバランスが良くなり、高速回転時のリヤカバーとの摩擦を避けることができます。

カートリッジに4つの小さいホールがあるので、余分な気体を円滑に排出し、ハンドピースが作動しているときの騒音を小さくなり、通常のロータ回転数を保護します。

もっとオートクレーブ 歯科歯科 電気歯髄診断器を了解したいなら、歯科販売.comにお問い合わせくださいませ




  


Posted by shikahanbai at 12:42Comments(0)