shikahanbai › 歯の神経を抜かればならない症状

歯の神経を抜かればならない症状

2017年12月11日

トップ 歯 歯の神経・・・抜くの?6つのデメリットと...
2017.09.01fav8
歯の神経・・・抜くの?6つのデメリットと最新技術&抜かない治療も歯の神経・・・抜くの?6つのデメリットと最新技術&抜かない治療も
進行した虫歯。神経を抜くって歯科医院で言われたけど、抜くのはどんな時?神経の役割、変色など抜いた時のデメリットや「歯が死ぬ」ということの意味、そしてセメントを使った
「歯の神経を抜く」ときってどんな症状?
歯の神経・・・抜くの?6つのデメリットと最新技術&抜かない治療も
歯の痛みを訴えて歯医者さんに行き、「神経を抜きましょう」と言われたことがある人も多いのではないでしょうか?(エアーモーター

歯の神経は、これから詳しく見ていきますが簡単に抜いていいものではありません。しかし、症状によっては神経を抜くしかない時も。

「抜髄」つまり神経を抜かざるを得ない症状は、このような6つが挙げられます。

常にズキズキ歯が痛い
虫歯が奥深くまで進行し歯の神経にまで届いた場合は、ズキズキと耐え難い痛みが現れます。放っておいても痛みが引くことはなく、継続的に強い痛みがありまた麻酔も効きにくいでしょう。

神経を抜かなければ痛みはおさまりません。


冷たいものや温かいものがしみる
知覚過敏でも冷たいものや温かいものがしみますが、その場合は一瞬です。対して、神経が侵されている状態だと、5秒以上しみる感覚が続きます。特に温かいものでもしみるようになったら注意が必要です。


噛むと激痛が走る(カボのコントラの買い替え
虫歯菌が神経全体を侵食していると、食事ができないほどの激しい痛みがあります。放置すると顎の骨に虫歯菌が入る可能性も。

根の先から膿が出ている
虫歯が神経に到達したまま放置してしまうと、歯の神経が死んでしまい、根の先から膿が出る場合があります。放置しておくと顎の骨にまで炎症が広がる恐れがあるので、きちんと神経を抜いて中を消毒する必要があります。

頬やリンパ腺まで腫れている
頬やリンパ腺まで腫れてしまうと、かなり悪化した状況だと考えた方が良いでしょう。炎症が神経部分だけでなく、すでに顎の骨にまで広がっている可能性があります。



Posted by shikahanbai at 17:05│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。