shikahanbai › 親知らずが痛い原因

親知らずが痛い原因

2018年04月04日

生えかけの親知らずは痛みをともないやすいものです。ここでは、親知らずが生えてくるとどうして痛みが生じるのかを理解することからはじめましょう。



組織を圧迫していること

親知らずは、覆いかぶさっている歯茎を突き破って生えてきます。(歯科 電気歯髄診断器)歯茎が親知らずに押されて突き破られる際に痛みが生じるのです。それに、親知らずが生える際に隣の歯や神経など周辺の組織を圧迫します。そのため痛みや違和感もともなうでしょう。


虫歯

親知らず自体が虫歯になること、あるいは親知らずと親知らずの横の歯の間に虫歯ができることで痛みが生じることがあります。親知らずは口の奥の方に斜めに生えることが多いため、歯ブラシで上手にケアできず虫歯が進行する傾向にあります。

親知らずが突き破った歯茎が腫れること

親知らずが突き破った歯茎は汚れが溜まりやすい状態です。(歯科医 器具)口の中に細菌が多い人はその歯茎に細菌が感染し、歯茎が腫れます。



Posted by shikahanbai at 15:26│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。